--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-08-17

顎関節と輪郭のいろいろ

さあ~!!主のテンションがノッ(ry
では、顎関節の説明が終わったところで、いよいよ輪郭に入っていこうと思います。

先ほどのものでも説明していますが、いくつかパターンができるので、
大まかに3つほど。
まず最初は、一番根底に出来上がるべきもの。リアル風。

Image008.jpg

・・・これでもまだちょっとコミカルだなぁ。でもまぁ、萌え絵系の講座であんまリアルなの
描いても仕方ないですし♪こんなモンでいいでしょ♪

さて、これはきちんと顎関節が考えられ、縦正中線の終わりが
頭頂を示していますね?

ということは、この絵の頭頂は、誰がなんと言おうと正中線の終わりで、
そこより上はありえない。ということです。
(もちろん、女のコのアップヘアーや、男子でも立ち上げヘアーなら、この頭頂を越えます。)

この輪郭に髪を描いたものがこちらになります。

Image009.jpg

赤の線でなぞられた部分が、彼の輪郭、すなわち頭蓋骨の部分です。
ではそこを飛び出している髪の毛は何なのか。
これは髪のボリュームになります。

もちろん、先ほど説明しましたように、彼が髪の毛を遊ばせているから
これほど大きく頭頂を越えたのかも知れません。
ですが、作者にその意図はありません。
これは『絵ならではの嘘』と呼ばれるワザで、本来ならありえない軌道やボリュームを
描いても、『よりそれらしく見えるなら現実や理論を外れ、そちらをとる』という方法です。

・・・・・・などとエラそうに語ってみましたが、作者はこの方法しかとれません(汗
そう!この方法しか取れないからこの解説を書かないといけないのです!! TT)

ちょっと長くなってきましたね。明日も仕事なので、今日はこの辺で!!ノシ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hyukiho.blog72.fc2.com/tb.php/7-c3834416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) ためしにブログをつくってみた. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。