--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-04-06

アンコール!が好きすぎたので…

ちょっと描いてみました主人公。

と、ついでに、ちょっとキャラクリエイトの私見についてでも話しましょうか。

img018.jpg

コチラですね。
※画像をクリックしていただければ大きな絵が出ますよw※

ずいぶんと歪んでますが、まぁ、随分絵から離れてたにしちゃいい方かと;^^

どうもKishiP曰く、ホントは左目が隠れているらしいのですが、
PixivでKishiPの投稿作を拝見しましたところ、P君は髪の毛を切ったらしいので
こんな短髪仕様になりました。

まず全体なニュアンスとしては、主人公(と言われてはいませんが;^^そのつもりで
描きました)なので、輪郭は顎を鋭めに、目鼻立ちはよくイケメン系に仕上げました。

また、作中で響が『チリ毛』と言っていることから、ストレートヘアではありませんので、
クセっ毛に。ただ、これだとチリ毛というよりクル毛ですが…;^^

次に、ここが一番大変でした!
ズバリ目。目つきです。
大体の場合、人は顔つきなどで『優しそう』とか『怖そう』とか思ったりします。
いわゆる第一印象ってヤツです。

彼の場合、初めて会った時雪歩は逃げていますから、おそらく一目見た時には
怖く見えなくてはいけません。

ですが、それ以後雪歩とよく一緒にいます。
ということは、第一印象で怖いと思われながらも、雪歩が逃げない程度には
怖くない必要のある顔にする必要がある
ってことです。

ですから、まず第一印象が怖くなるためには単純につり目です。
で、実はもう一丁仕掛けがあって、
それは下目尻。ここを普通のキャラクリエイトよりやや塗りこんでいます。
要は、気持ち隈取りのようにしてあるんです。
(ここを本格的に隈取りにすると、
寝不足とか、クスリとかヤッちゃってる人みたいになります)

ですが、完全に怖いキャラにしてしまうのはいけません。
雪歩が近付いてくれるぐらいにはいいキャラに見えなければなりません。
そこで、瞳を大きくします。
大きい瞳というのは、優しいキャラや、
意志の強さを表したいキャラによく用いられます。

次に、彼は裏方として誘われたり、道行くチンピラをのしたりと、
力がそれなりにありそうな印象を受けますので、
腕は筋肉質に、それに伴って服は比較的ピッチリつくように描きます。
そうすると、見た目を重視するために腕をやや細めに描いても
しっかりと腕が太いように見えるのです。
袖が短めなのも力強そうに見えるようになります。

で、さらにそれに伴って首も太めに描きます。
首筋を描くことで首も力強く見えるようになります。

服は動きやすさと力強さがわかりやすいように、
タンクトップとパーカーです。

続いて、KishiPが(青山)剛昌さんの絵が好きだということを受けて、
○○風千早3連発です。

img019.jpg

右上は
『師走冬子(しわすふゆこ)風』千早です。

師走さんの特徴は
頭頂近くの前髪が少し膨らんで、そこを皮切りに前髪のブロックと
後頭部のブロックがハッキリ別れるところです。

また、4コマ作家さんですので、必然このように簡略化された絵を描くことが多く
・線が少なめ
・ブロック分けがハッキリしている
という点で手軽なイラストならすぐにできるようになると思います。

左は剛昌風です。

大分昔(中学校ぐらいかな?)にやって大失敗して以来
(というかまともに人に見せられる絵になって初めて;^^)
やりましたw
意外と上手くいくモンですね~w

とはいっても、ここに描いた絵は全部元絵を見て描いていませんから、
この剛昌風は、実はKishiPがPixivで描かれていた剛昌風を参考に描いたものです。
言ってみりゃ『モノマネのモノマネ』みたいな状態なワケです。

さて、前置きはこのぐらいにして。

剛昌絵の特徴は
・目が真円に近い
・しっかりと鼻が描き込まれる
・耳が顎関節を意識した位置で止まらない
という点です。

確かに人間の耳は大きいですが、前の講座を見てもらえばわかるんですが、
耳の下端は顎関節より上なんですよ。

鼻が描き込まれる
という点でも、比較的しっかり鼻が表れないアイマス絵との親和性は…
というところだと思います;^^

ただ一点、僕も剛昌さんを参考にした点があります。
それは、上腕部の服にできるシワ。アレは思わず
『へぇ~。(シワって)できるモンなんだな~』
と思いました。

右下は赤松健風です。
ラブひなにハマってからちょいちょいマネしていたこともあって、
今でもスッとマネできる画風です。

赤松さんの特徴は
・少ない線でカワいく描ける
・頭身バランスがコミカルでもリアルでも通用する
という点で、

線が少ないのですぐマネできますし、マネしだせばすぐカワイイ絵が
描けるようになります。

また、骨格もしっかりしていますので、基本を学ぶにはピッタリだと思います。

自分の好みもありますから、一概にどう描くのがいいとは言えませんし、
言いません。

誰かの絵をマネする上で、最も大切なこと(まぁ、絵を描く上で大切なことですが;^^)は、
その人の絵に似せられるように、しっかりと観察することです。

ただ僕は、絵を練習中なら、特徴よりも基本的な理論がありますから、
それを学ぶ上でのオススメは赤松さんかなと;^^
いう話でした。

ではまた~ノシ

コメント

No title

 どうも、コメントを見て飛んできた者ですw

 なんと、まさかPクンを描いて頂けるとは!!w
自分の作品のイメージを他の方に描いて頂いたのは初めてなので、めっちゃ嬉しいです、本当にありがとうございますw

 ……が、実はPクンは本編ではまだ髪切ってないんですw
左目が隠れていて、長めのもみあげで、後ろ髪が襟にかかっているイメージでして、髪を切るのはもう少し先のお話なんです。
誤解を招いてしまっていたようで、申し訳ありませんw
ちなみに髪色は赤茶色で、割と赤に近い感じですw

 にしてもカッコイイですねw
私の描くPクンは大変目つきが悪くて、死んだ魚のような目になっている事がほとんどでして、ユウさんのを見た瞬間、「あぁ、俺の描くPクンに雪歩は寄ってこねぇやw」と思ってしまいましたw
何だか、おかげさまで具体的なイメージができたのでうんと話が書きやすくなった気がします。
是非、今後の参考にさせてください。

No title

いや~、正直
#`д´)<大きなお世話だ!
と言われないか内心ビクビクでしたw

Pクンが長髪か短髪かってのは、実は僕の好みもありまして;^^
僕は大抵の場合左目から描き始めるんですよ。
だから左目の隠れてるキャラは、一回描いて消さないと
いけなくなるんですよ。
はい、スイマセン。面倒だなぁ…と;^^

今回は物語からキャラを作りましたけど、逆もできますよw
『こんなキャラなら、こんな人生だったんだろうなぁ』みたいな。

一応ここは、かつてPだった方に絵を教えたい
と思って開いた場所ですから、おヒマがあれば前の記事も
見てみて下さいw(カテゴリーのイラスト講座になります)

何かわからない事があったりしたら言ってください。
僕の画力で再現できる限りはやってみようと思いますのでww

ではまた~ノシ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hyukiho.blog72.fc2.com/tb.php/60-e39f640d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) ためしにブログをつくってみた. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。