--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-22

FM@S 第二話 あとがき

ってワケで第2話『二つの世界』。

要は、『レナたちの世界』と『春香たちの世界』の
ギャップを埋める作業をするよ。
って回だったので、両方知ってる人にとっては、
何ともグダグダで話の展開がない回だったと思います。
(申し訳ナス)

では今回もいろいろ反省を交えて、あとがきをやっていきましょ~\(- -

『素直にはついて行き辛い』というセリフ:
展開を急にしすぎましたからね。
普通(?)のRPGなら、特に怪しむことも無く付いて行ってしまうと思いますよ。
でもそれじゃあねぇ。ちょっとご都合主義ってヤツが
過ぎちまいやしませんかってことで作ったセリフでしたが…。
ヒネすぎでもあるんだよなぁ~。…難しい按排ですね、文章表現って。精進です。

急に春香が保護されている:
実はこの第2話、僕のパソコンの調子が悪かった関係で、
1度データがパーになって書き直されたものなんですよ。そのときちょうど
春香が保護されるまでのエピソードを語りだしたところで飛んでしまって…ノд`)
書き足そうかどうしようか迷いましたが、
構成が変になって直すのにまた手間がかかるのも面倒と思い
(これも作品が持ったもう一つの可能性かなと受け入れ)、書き足すのはやめました。
そこで、少しズルいかも知れませんが、ここで補足を…。
春香は、次元の穴に吸い込まれた後も気絶することなくたどり着き、
タイクーン付近の森の中をうろついていると、ゴブリンに襲われそうになり、
逃げている途中で(タイミングが悪くも)次元の扉を通った影響で体力の限界を迎え、
倒れてしまいます。そこへレナが来て助けてくれます。
そして、ファリスのところへ変化がないか聞きに行くときに影武者を立てることになり、
丁度よかった半分、恩返し半分で春香が影武者をすることになる。という話でした。

文明のギャップ:
ホントは文明のギャップを端的に表せるものとして、
春香にケータイを出してもらおうと思ったのですが、
それはちょっと面白みに欠けるかなと思いまして、あえてハズしました。

会議の様子:
もうちょっと意見交換が多い方がよかったかなとも思いますが、
冗長としすぎるかなとも思いつつ、なんだかんだこのぐらいの按排がよかったかなと。

真の思案とツッコみ:
なぜそんなことを急に…ってとこですね。
これもちょっと僕の展開ご都合主義のせいで早くしすぎたかなぁと思ったので、
僕が思ったこの気持ちを魂にして真に込めて、言ってもらいました。

『無』の力に対するみんなの理解のよさ:
説明シーンを作ろうかとも思いましたが、やはり冗長として、
テンポを落としてしまうかなと思ったので、割愛しました。
レナが説明したとでも思っておいて下さい。

今回はこんなところかな。
不満とか『ここどうなってんの?』とかあったら教えてください。

次回はいよいよ序盤第一の山場ですよw
(あぁ、書き溜めがなくなる。まだ4話作成中なのに…;´д`))

ではまた~ノシ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hyukiho.blog72.fc2.com/tb.php/47-c6a22f93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) ためしにブログをつくってみた. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。