--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-21

はりあーぴーへのおへんじ

ここでの話はハリアーPの『ハリアー手書きシリーズ』にあります、
メフィストフェレスはかく語りき
に書かれている記事に対するコメントとなっています。

こんな記事を書いた理由は、
クソ長くなったからです!w

というワケで、まずはそちらをご覧ください。

だい~ぶ理屈っぽい話をしますし、長いので、
どっちかでも『イヤ!』って人はターンライトで。

まずコレって、『物』に使うか『人』に使うかで
えらく変わりますよ。

物なら
『ハリアーPの動画って、正直何が面白いのかわからないんだけど』
ってコメされるより
『ハリアーPマジパネェ!w ○○Pなんかより全然面白い!』
ってコメされた方が残念な気持ちになるってことでしょ?

これはわかる!
『人の動画で他人を貶すようなこと言うなと!!』
ってなりますよね!

でも人だったら
>単純に好みの問題で、
とPは言いますけど、そうじゃない場合はどうでしょうか?
例えば
『こういうところを直してほしい!!でも本人には
(立場や発言者の性格上)強く言えない…』
とか
『本音を言って嫌われるくらいなら、傷つけ合わず友達でいたい』
とか思う人だったら、直接言えないと思います。

とか、『嫌い』と言われている人はホントに不徳な行為を
行ったことのある人かも知れません。

人は一つの個所が気に入らないと、全部が気に入らなくなって
しまいがちです。
そうすると、その一つの不徳な行いが根深く残っていた場合、
そういう謂れを受ける人間も出るかも知れませんね。

もしその人間が貶められて然るべきかどうかを判断するなら
他の方が言われている通り、客観視するための
言わば、『評価基準』が必要でしょう。

つまり早い話が、
『あ、コイツはクズと言われてもしゃーねーだろう』
と誰しもに思わせる決定的な理由
ということになります。

この評価基準は『道徳』と『倫理』になります。

この二つについてあまり違いのわかってない方が多いので
少々説明を。

道徳というのは、
他者と関わる中で、自分の行いが善行かどうかを判断する基準
ってことです。

要は『どれだけ自分に嘘をつかない行動がとれるか』
ってことです。

対する倫理は、
他者と関わる中で、
自分の行いは他者と円満な関係であるかどうかを判断する基準
なのです。

要は『自分の起こした行動に対して、他者が納得の目を向けるか』
ってことです。

この二つの食い違いとして、
一人の青年がいたとします。
この青年は少女に恋をしています。
(時事的にこういう話はヤバいか?w)

青年としては、世間一般の恋人同士のように
この少女を愛していたとします。
実際、デートをしていても、手をつないで街を
歩いたりする程度で、キスや性交渉など
以ての外です。
少女もまた青年を慕い、好意を寄せています。

この状態は、年齢差が適正であれば両者は
恋人関係として成立し、
青年もまた立場等を利用した打算もありませんし、
自分の恋心に嘘をついていませんので、
道徳的に正しい行為と言えます。

しかし周りの目はどうでしょう?
いくら打算がなく、良好な関係にあったとしても、
周りはこの関係を『不健全』と見るでしょう。
よってこれは倫理的に正しくない行いと言えます。

この判断基準を持つことで、この発言者を
『哀れ』と断じることができるようになるか
どうかが決まります。

では、いくつか場合分けして見ていきましょう。

まず、そもそもこの発言者は対象を謗ることを目的に
聞き手を褒めた場合。

確かに発言者は
『アイツを謗りたい』という本心に対して嘘を
ついていませんが、
そこには『それによってアイツを不名誉なヤツにしてやろう』
という打算がうかがえますので、
道徳的な行為とは言えませんし、
これを聞いた周りも
『え?発言者そんなことすんの?ヤなヤツ!!』
と、なり、倫理的な行為とも言えそうにありません。

次に、発言者が
『アイツもこんな風になってくれればもっといいのになぁ』
という意図があってその発言をした場合。

これは
『アイツにこういうところを直してほしい。
それによってもっといいヤツになってほしい』
という善意からきている言葉であり、
他意も打算もありませんし、本心に嘘もついていないため、
道徳的な行為と言えそうです。

この時です!問題は。
この時問われるものは
『発言者の倫理観』ではなく『聞き手の倫理観』です。

こういった意図で出された言葉であるにも関わらず、
『何でそんな言い方すんだよ』って思う人と、
『じゃあその人が変われるように話し合ってみたらどうですか?』
とか『話し合いましょう』
と言える人とに分かれます。

もし聞き手が『何でそんな言い方すんだろう』と、聞き手の相談者に
話したとして、この聞き手の相談者の道徳観が高ければ、

「『じゃあその人が変われるように話し合ってみたらどうですか?』
とか『話し合いましょう』とかって提案してみろよ。
人の好悪の判断基準をどうこう言う前に、お前の人に対する好悪の
判断基準がどうなってんだ」

とか言われるかも知れません。

ということから、
『みんなが良くなる結果に向かうために道を模索する』
というのが、どうも倫理的に正しい答えになってきそうです。

こんな人いたら素晴らしいなぁww
え?考えとして書いてながら、俺は違うのかって?

さぁ、どうでしょう。ただ一つ言えることは、
『コンマ何秒で言葉を繋ぎ、交わし、それが入れ替わる中で、
これだけの考えを展開し、結論に導き、行動に移せる自信がない』
ってことですよw
今は文章なんで冷静に書けますけど。

だから、人の好悪で人が評価されるのも仕方ない部分はあるんじゃないかなぁ。

#`д´)ノ<じゃあここまでの議論は何だったんだ!!

となりそうですが、実際僕も人間ですし、ここまで素晴らしい人間じゃないです。
なので好悪はでますし、感情で人を判断してしまうこともあります。
でも、こういう判断ができる人間になれるよう目指していきたいですね。

ってことで、道徳とか倫理って難しいねw
って話でした♪

ではまた~ノシ

コメント

No title

ひどい中二を見た
論点ズレ杉ワロタ Pの日記と自分のコメ100回見直せksg
人の日記乗っ取ってんじゃねーよ チラシの裏にでも書いとけ

No title

ご訪問&コメありがとうございます。

まずなんですけど、全体的に言葉が足りてないですよね?
>論点ズレ杉ワロタ
っていうなら、
『Pが言いてぇこととテメーの言ってることのズレに気付けヴォケ。
Pが言いてぇのはこういうこと(真の論点)だろうが』
と言えば、僕も自分の論点のズレ加減に気付くので、
より僕に恥をかかせることができると思うのですが。

>人の日記乗っ取ってんじゃねーよ
この部分についてはあなたの仰る通りです。
一応『納得するまで言わせてください』と
明言してはいますが、あれだけの高頻度と長コメは
荒らしそのものでしょうから。

ですがこれもこれで、より相手に効く言い方はありますよ。
例えば
『この記事にてあなたは道徳・倫理がどうこうと
仰っていますが、実際にあなたがハリアーPのブログ内
にて行われた高頻度および、長文によるコメントは
ネチケットという倫理観を著しく欠いている行為
ではないでしょうか?
他人に倫理を説く前に、ご自分の倫理観について
再考されてはいかがです?』
とか。

以上で、
あなたのご意見によって、自分の意見の論じ方について
さらに考える貴重な機会ができました。
ありがとうございました。

No title

気が向いたので最後まで書きましょうか・・・

最初からこういった長文であなたを否定しなかったのは、
あなたが鬱陶しいだけで、あなたを打ち負かしたいわけでもないし、あなたに改心や成長を望んでいたわけではないから。
私はあなたと同じ感覚を持っていませんので。
私が建設的に意見をするのは、今回みたいに気が向いた時や、建設的に意見をする価値のある提供をしたものにだけです。

私がわざわざここに来てまで短文かつ煽り口調で荒らしたのは
あまりに広がりすぎた妄想ワールドを
「掲示板でもないのに他のコメにレスまでして」
Pのブログの中で自分の表現欲のままに吐露したことが許せなかったからです。
それは他人のブログですることじゃないでしょう。
そんなあなたに建設的な意見をする価値を見いだせませんでした。

Pが一切レスしてない時点で、
これ以上、議論を広げて欲しくないってことに気づきませんか?
そのKYさと自己中心さ(自分の表現欲を自重せずに他人のブログを乗っ取った)点と妄想ワールドと痛々しい語り文章を総じて、私はあなたを中二であると評しました。

Pにとっては

「世の中のありとあらゆるモノの批評なんて当てにならないよ」っていう意見も、もっともだという気がします。

というほどなので、Pの日記の解釈だって誰がしようがあてにならないのです。
それにもかかわらず、Pのブログで、御座広げてやいのやいの
その上

だいたいわかりました。
『再生の伸びる動画の作り方動画』
についてですね?

痛々しいです。自分の妄想の中でのみ、勝手に解釈して悦に浸っててください。

私の解釈では
Pは前半は比較について、後半は批評について言及していますが、
一貫して、「何も考えないでウザコメ残すやつ爆発しろ」
と言いたいだけだと思いますし、そう思うに足る一節もありますが、
どんな引用をもってしても、結局は「あてにならない」ものなので、言及は避けます。

No title

>わざわざここに来てまで
>許せなかったから

煽りとかネタとかじゃなしに素直に感謝します。

あまり自分の行いに真正面から怒られた経験がありませんでしたし、
そう言える方がいらっしゃることも、そう言っていただけたことも
感謝します。

誰が好き好んでイヤな奴のところに顔を見せたいものか
と大多数の方は思われるでしょうし、
まして赤の他人を叱り飛ばすなんて、
本来なら無駄この上ないエネルギーなワケですし。
それらすべてを含めてありがとうございました。

>Pが一切レスしてない時点で、
>これ以上、議論を広げて欲しくないってことに気づきませんか?

すみません。もしそうだったらPからコメントや閲覧の制限を
かけられるかなと思っておりましたので。
でもこれも『もし俺ならそうする』って話で、
Pがそうされる方だとは限らないですものね。

鬱陶しいとお思いでありながらも
わざわざ足を運んでいただき、あまつさえ
これほどのご意見を頂けるとは思っていませんでした。

こんな痛々しい主ですが、『気が向いたら』
今度は楽しむために来てやってください。
みんなが楽しめる記事を書けるよう頑張っていこうと思います。
(もちろん他の方のブログ内におけるコメント含め)

ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hyukiho.blog72.fc2.com/tb.php/46-fb0a0422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) ためしにブログをつくってみた. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。