--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-09

胸の描き方

さあ~!やってまいりました、新年1発目!!

で、イキナリこのタイトルかい…;`-ω-)
といったタイトルが飛び出してしまいましたね……。

ホントにやるの?;´д`)<ヒンシュクカイソウ…
やることは至って真面目なんですけどね。

一応男の子が(なんて歳でもないですが)管理人ですし、
男の子向けに『カワイイ女のコ』を描けるようになろう!
ってことでやってる講座なんで、どうしても男の子にないものは、
何らかの形で補完・再現することが必要になってきます。

では早速いってみましょう。
img015.jpg

コチラ。

はい、じゃあ紳士のみんなはね、紳士なPのところに行ってこよ~ね~w

じゃあお絵描きを上手になりたい皆さんにはね、解説をしていきましょうねぇ。

まず、どんな胸を描くにしろ、付け根は同じなんです。
そうです。皆さんが思わっしゃるとおり。
あずささんも千早も、変わらないんです。

コレの説明が資料の右上になります。
この資料右上のように、腕をまっすぐ挙げてくると、
首の横くらいまで肩関節が上がってきます。
ちょうどそのすぐ内側。資料の赤で引かれているラインの部分。
こういうライン取りをします。
そして、そのラインが腋の下に差し掛かったところ!ハイ!そう!そこ!
その青い○が付いているところ。
そこが胸の付け根になります。

どんなに胸が大きかろうが小さかろうがこの位置から生やすように
してくださいね~w

では次。今度は悪い例です。資料右下を見て下さい。

シャープで描かれているラインが、先ほどの右上と同じ
ちっぱいさんのライン。
ですが、この赤のライン。
これがよくやりがちな、おっぱいさんを描く上でのミスです。

腕の内側になるラインを省略していますが、
もしここへ描き込んだとしたら、ほぼ間違いなく
おっぱいが腕の半分くらいまでかぶってきます。
エロゲのおっぱいさんではよくありがちなラインなんですが、
実際はこういう人はあまり見かけないんじゃないでしょうか。

そもそもこうなるところまで育つ方が少ないからってのもありますが。

それに、描き手の方にもよりますが、こういうおっぱいは総じて
大きくてハリがあるようには見えますが、柔らかそうに見えないものです。

柔らかそうに見えないおっぱいは、あまり触りたい気分にさせられません。

…何だか紳士が持論をおっぴろげているだけのように思われるかも知れませんが、
ここからが重要です。

その女のコに触りたいと思わせられない女のコでは、キャラクターとしての
魅力が低いです。

確かに、中には二次元の極めて大きな胸の持ち主がお好きな方もいらっしゃいますが、
極力現実に則した大きさ、質感を保てている方が、当然リアルカワイイです。

ですので、最初のうちは、どんなに自分がおっぱいさん好きでも、
大きすぎる胸を強引に描くのはやめましょう。

それに、こういった胸にはまた別な不都合がありまして、
先ほども言ったように、腕の範囲を侵食していますから、
当然、腕の可動にも干渉してきてしまうのです。
練習中であるなら、そういった特殊な事例は避けたいですね。

そういったワケで、いい例。

資料左上を見て下さい。
相変わらずシャープで描かれたラインがちっぱいさんの、
赤で描かれたラインがおっぱいさんのラインなのですが…

あまり横幅に差はないですね?
(正直描いていて僕も見辛かったんで、ちっぱいさんのラインが
わかりにくいって方は、右の絵と見比べてもらってもいいです)

そうです。大きさの差はこのように、胸の下に現れるラインの
深さで決めるんです。

ここが深ければ深いほど大きく見えるような描き方を心がけます。

この描き方をするときの注意点として、下に例として
風船を描きました。

このシャープと緑のボールペンの二つのラインで描かれた風船は、
それぞれ異なる物質を中に注入して膨らませていることを
示しています。

緑のラインは空気です。
なので風船は、真円に近い形で膨らんでいきます。

対するシャープは水で膨らませています。
なので少し下に引っ張られて膨らみます。
(ちょうど赤い点線のあたりが一番膨らんでいる円周になると思います)

おっぱいさんを描くときは、この、水で膨らませている方を意識してください。

垂れ下げろとは言いません。真円よりやや楕円になるように描いてください。
という話です。

え~、左下が余ったので余計な解説を一つ。

大体これでちっぱいさんとおっぱいさんを描き分けられるワケですが、
『それでもやっぱりよりおっぱいさんを描くのが諦められない!!』
という方のために…。

本当はこの前段階に、下乳のところに影をつけるって手法があるんですが、
陰影までやりだすとまたさらに上の話をしてしまいそうなので、
陰影以外の方法で、より大きく見えるようにしてみせたいと思います。

それがこの左下。
このように、下乳のラインをかなり深くとるのは今までの解説通りなのですが、
これを円として描き続けた延長上。ちょうど胸の谷間になるその位置!そう!そこ!!

この位置、これも本当だとリアルおっぱいさんではあまりならない状況なんです。
胸には、外にいこうとする力が働いていて、おっぱいさんになるほど
当然その影響を受けるため、左上の資料のように円になっても谷間ができない
ような胸が大抵です。

それでも、下に伸ばすラインが限界に達して足りないんじゃ仕方ありません。
谷間を描くことにします。

が、ここで、このカラーのラインに注目してください。
右乳に描かれている青のラインを遮るように左乳に描かれている赤のラインが通っています。

正面を描くケースがあったとしても、このように、必ずどちらかの谷間のラインが
長くなるようにしてください。

Y字のように、両方が平等な線を持つと、上手く膨らんでいるように見えなくなってしまいますので。

今回はこのぐらいですかね。

次回は~…特に予定していませんので、リクエストがあればまたそちらを。
なければ目の描き方とかをやろうかと思ってます。

ではまた次回~ノシ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hyukiho.blog72.fc2.com/tb.php/23-b6a22838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) ためしにブログをつくってみた. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。