--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-01-28

IM@S FANT@SY Ⅴ 第五話 Party in the trouble!?-6

「さぁ、いくぞ!!」

いつものように面倒くさそうにつま先を鳴らしながら、ファリスが開戦の号令をかける。

「アミ、今さらこの程度のモンスターになら魔法なんか使わなくても大丈夫だろう!?」

「おぉ!」

この周辺に出るモンスターなど彼女らの敵ではなく、亜美がロッドで直接殴りかかる!

「よし!いいぞ!マコト、ユキホ!続け!!」

「はい!やぁぁああああ!!」

次いで、真がモンスターに斬りかかる。

「………。」

しかし雪歩は動かない。

「ユキホ!!」

ファリスが背を押す。

「ひっ!」

その声に、雪歩が背筋を強張らせる。

「雪歩、早く!…うわ!」

モンスターと迫り合っていた真が、別のモンスターに吹き飛ばされる。

「大丈夫だユキホ!ダメージはジョブの力が守る!攻撃力はジョブの力で上がってる!
他の事は…仲間を信じろ!!
まずは相手を攻撃することだけを考えろ!他の事はしなくていい!」

―――攻撃するだけ…。攻撃するだけなら。攻撃するだけなら―――

その言葉を頭の中で反芻して、雪歩が決意し、モンスターに攻撃をしかける!

「ぃ、やぁぁあああ!」

フォームもバラバラなまま雪歩がモンスターに殴りかかった!

―――ドゴン!!

大してスイングを大きくしたワケでもなく、力を込めたワケでもないのに、
モンスターはまるでトラックにでも撥ねられたかのように数メートルに亘って吹き飛んだ。

陸ガメ型のモンスター、グラストートスはぐったりとして動かなくなっている。

―――これが、ジョブのチカラ…。―――

雪歩は、わずかに開いた自分の手を見つめた。

続きを読む »

スポンサーサイト
Copyright (C) ためしにブログをつくってみた. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。